ケアマネジャー

適切なケアプラン作りから、
チームの中心となって最適な介護へ導く。
利用者さんに頼られる相談役。
ケアマネジャーは、利用者さんの状況やニーズ、日常生活で困っていることを整理してケアプランを作り、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう事業者や関係機関との連絡・調整を行います。介護保険の申請代行や給付管理などのマネジメント業務を遂行する上で、利用者さんから信頼される良き相談相手になることが大切です。利用者さんの目標を叶えるために、介護業務におけるリーダーとしてチームを引っ張っていきます。

INTERVIEW

介護業界をもっともっと魅力的に

柴山裕子

管理者・主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
P-BASE清水店勤務/マネジメントチーム

P-BASEへの入社経緯は?
前職では地域包括支援センターで、主任ケアマネジャーとして働いていました。ケアマネジャーとしての専門性をもっと高めていきたいと考え、転職を決意。数ある介護施設のなかからP-BASEを選びました。
決め手となったのは、利用者さまに対する想いの強さですね。もともと前職でも付き合いがあったのですが、日常会話のなかでも「私たちは利用者さまの笑顔のために全力で取り組んでいます」といった言葉が出てくる。もちろん言葉だけならどの介護施設でも言えますが、P-BASEの場合は、利用者の方達が「できることが増えた」「介護保険から卒業できた」といった実績があったんです。強い想いで取り組んでいて、実際に結果も出ている。そんな環境でケアマネジャーとして働きたいと思ったのが、P-BASEを選んだ理由です。
会社にきちんとコーポレートスローガンがあることが大きいと思っていて。メッセージに共感した人が集まっているから、職種は違えどもそれぞれの強みを会社が同じ方向へと進む力に変換できる。そのあたりが、他の介護施設との違いなのかもしれませんね。
P-BASEならではの魅力は?
2つあります。1つ目は、新たなチャレンジを始めたら背中を押してくれてる点ですね。
というのも、私は今、ケアマネジャーは医療連携に強くならなければならないと思っています。理由は、国が構築を進める「地域包括ケアシステム」、要介護状態になっても住み慣れた自宅で自分らしく終末を迎えられるように地域内で支え合っていくシステムの存在です。そのために「医療に関する専門性の高い知識を有するケアマネジャーの集団をつくりたい」と代表に相談したんです。すると「やりましょう。応援します」と即決。居宅介護支援事業所を立ち上げてくれました。
私が目指すのは「人生の終末を自宅で迎える」という選択肢を一般的にしていくこと。P-BASEには看護師をはじめとする医療専門職が多く在籍しているので、他社の居宅介護支援事業所と比較しても細かなフォローやコーディネートがしやすい体制が整っています。
また、「ハッピーエンディングカード」というツールを使って、自分の終末について考えてもらうための勉強会を開催しています。たくさんの人に「自分の終末について考えることの大切さ」を知ってもらいたいですね。
2つ目は、医療に関する知識に長けたメンバーが揃っている点です。私自身、入社してケアマネージャーとしての経験値は一気に増えましたね。
P-BASEの特徴のひとつが、看護師をはじめとする医療専門職が多く在籍していること。医療機関からの依頼も多いため、入社から1年で過去15年分の以上の「在宅看取り」のお手伝いをさせていただきました。
経験を積めば、当然知識も身につきます。今までは「歩行が困難になってしまった」という利用者さまには「住宅に手すりをつけて」とか「車椅子を用意して」といったことを画一的に提案していましたが、疾患によっては車椅子が役に立たない場合もある。こういった細かな医療知識が身につくのも周囲に医療専門職が多く在籍しているから。周りの医療専門職からサポートしてもらえる点は、とてもありがたいですね。
P-BASEで実現したいことは?
私たちケアマネジャーは看護師のように直接的な何かができるわけではありません。言葉を選ばずにいうと、調整係でしかないんです。
だからこそ、利用者さまに寄り添いながら、不安や迷いで硬くなってしまった心をやさしくほぐしていきたい。そのためには情報の引き出しは多いほうがいいし、コミュニケーションのテクニックも求められる。ホント、毎日が勉強ですね。それでも頑張れるのは、やっぱり利用者さまが元気になる様子を見られるのが励みになるからでしょうね。
私は今後ケアマネジャーにこだわることなく、スタッフを育成する側に回っていきたいと思っています。会社のいいところをどんどん伸ばし、発信して、スタッフたちを増やしていきたい。そして、P-BASEだけではなく、豊田市全体のケアマネジャーの底上げにもチャレンジしていきたいですね。最近では、地域向けの勉強会もスタートしました。そういった取り組みを通じて、介護業界をもっともっと魅力的な業界にしていきたいですね。