介護職員
運動指導員

目標に向けて楽しく介護サポート。
利用者さんにしっかり寄り添い、
機能訓練を通して笑顔を咲かせます。
介護職員・運動指導員は、寝たきりや1人暮らしの高齢者などの生活環境や病状に合わせて、プログラムの作成や機能訓練などをリハビリ専門職や看護師とチームで行います。本人やご家族から相談に乗ることもあります。大切なのは、介護に理解と熱意があり、相手の立場に立って考え、行動できること。相手の話をよく聞き、表情やしぐさからも訴えたいことを読みとる力が必要です。より良い関係を築き上げるためには、体力・忍耐力も求められます。

INTERVIEW

誰かの笑顔のために尽くしたい

中垣義治

運動指導員・管理者
P-BASE清水店勤務/デイサービス

P-BASEへの入社経緯は?
実は僕「新卒」なんです。入社前は大学院で動作分析の研究をしていました。
入社のきっかけは、知り合いのパーソナルトレーナーに「おもしろい施設がオープンするから見学に行こう」と誘われたこと。紹介されたのがP-BASEでした。足を運ぶたびに「次はいつ来れるの?」と言われ続け、気がついたら4月1日に入社していたという。代表の坂元にうまく丸め込まれました(笑)。
あ、入社といっても最初はパートです。ただ、このパート期間が僕にとっては大きかった。他のバイトも掛け持ちしていたんですが、P-BASEは少し違ったんです。スタッフが目指している方向が同じで、喜ばせることが大好き。もちろん他はほかで魅力的なところはあったけど、僕はP-BASEの「人」に惹かれて、正社員として働く決意をしました。
今は運動指導員としてデイサービスの管理者を任されています。利用者さまが求めていることに対して、スタッフのやりたいことや僕がやりたいことをチューニングしていくような仕事です。ただ、まぁ管理者といっても利用者さまにとって肩書きは関係ないですからね。利用者さまの満足度を追求するために、自分自身もプレイヤーとして取り組んでいるつもりです。
P-BASEならではの魅力とは?
やはり、「人」ですね。「すごい」と思える人が身近にいる。
1人は代表の坂元です。坂元はなんといっても人を巻き込む力がものすごい。変なプライドみたいなものは一切なくて、利用者さまや地域のみなさんに喜んでもらうためなら積極的に動いて、いろんな人を引き合わせる。そして、たくさんの人に喜んでもらっている。人が協力することのすごさを日々教えてくれています。
もう1人は、マネージャーの加藤です。加藤はとにかくコミュニケーション能力が高い。たとえば自分が1しか伝えられていないことでも加藤は10理解してくれているし、プロジェクトチームの方向性をビシッとひと言でまとめてくれる。情報整理と文章表現のスキルがめちゃめちゃ高いんですよね。彼らのような人の下で働けているのは自分の将来にとって大きな財産になると思います。
もちろん、他のスタッフもみんな魅力的。僕は「人に喜んでもらうこと」が仕事するうえで大事だと思っているんですが、P-BASEには自分と近い価値観を持ったスタッフが多く在籍している。だから相乗効果も生まれて、同じ方向を目指したときの推進力が強くなるんだと思います。
P-BASEで描く、将来のビジョン
「人を喜ばせる」に関しては、P-BASEの誰にも負けないくらい強い軸にしていきたいと思っています。たとえば近所で暮らす忙しいワーキングマザーのお子さんを施設で一時的に預かったり、地域の登下校の見守りに元気な利用者さまを派遣したり……といったことにもチャレンジしたいんです。利用者さまはもちろん、地域全体に喜んでもらえるような。
そのためのステップとして社会福祉士の資格を取得したいと思っています。僕にとって社会福祉士とは、地域社会の課題を組織で解決する専門家。どこの馬の骨かもわからない僕がいきなり「こんなことをやりたい」と叫ぶよりも、それなりに肩書きがあったほうが信頼してもらえるはず。やりたいことを実現するためにも、資格を取得したいですね。
こういった一見無謀なチャレンジも受け入れてくれるのは、同じ価値観のスタッフが働くP-BASEだからこそ。「自分の生活のために」という仕事を否定するつもりはないけど、やっぱり僕は「誰かの幸せのために」働き続けたいと思います。