看護師

的確で円滑なチームワークと
丁寧なコミュニケーションで、
利用者さんの体調をしっかり管理。
看護師は、バイタルチェックや服薬管理などを行ない、利用者さんの体調をメンテナンスします。体調管理だけに限らず、専門スタッフや関係機関に利用者さんの容態を分かりやすく説明して、チームワークで円滑に連携できるかどうかも大切なポイントです。訪問・通所サービスにおいては、本人やご家族から信頼してもらえるに丁寧なコミュニケーション能力も求められます。

INTERVIEW

責任の重さが、私を成長させる

白鞘美希

看護師
P-BASE清水店勤務/訪問看護

P-BASEへの入社経緯は?
前職は大学病院の集中治療室です。もともと訪問看護に興味があったんですが、ひとりで行動することが多くなるため、ある程度の知識や経験が必要だと思って。あえて集中治療室という厳しい環境で自分を成長させるために飛び込みました。
転職のきっかけは結婚したこと。本当は5年ぐらい集中治療室で経験を積もうと思っていたんですが、タイミングとしてはココかなって。新しい職場選びの選択肢としては大きな病院などもあったんですが、やっぱり当初から志していた訪問看護にチャレンジしました。
理由は、在宅での慢性期や回復期の看護って集中治療室での急性期の看護と比較して、見落とされがちだと思ったからです。もちろん生命優先なのは理解しているんですが、患者さんの性格やこれからの生活について看護師として関われないことにジレンマを感じていて。
そんなときに出会ったのがP-BASEです。自分が訪問看護に挑戦するうえで若さはひとつネックだったんですが、P-BASEはインターネットでの印象がものすごく若々しくて活気があって。「同世代が近くにいる環境ならのびのびと働ける」。そう感じましたね。あとはチャレンジに寛容な社風なのも好印象でした。私自身、訪問看護そのものが新しいチャレンジなわけですから。
P-BASEならではの魅力は?
個人的には2つあると思っています。
1つは、「雰囲気の良さ」ですね。ひと口に雰囲気の良さといってもいろいろありますが、P-BASEの場合は「話しやすさ」があると思います。直属の上司や先輩はもちろんのこと、代表の坂元とも気軽に相談できる。そして、こちらの意見にちゃんと耳を傾けてくれる。特に訪問看護は経験豊富なスタッフが揃っているので、すぐに聞くようにしています。ひとりで悩んでいても解決しないので。だからなのかもしれませんが、あんまり「組織の一部として働かされている」感覚はないんですよね。必然的に自主性が育まれるので、やりたいこと、実現したいことがある人にとっては最適な環境だと思います。
もう1つは、「ビジョナリーなトップの存在」です。まず、自社のことだけではなく、自社を含めた地域全体に意識が行き届いている。そして、自ら描くビジョンを叶えるために率先してチャレンジしている。普通、やりたいことがあってもなかなかチャレンジできませんよね。にも関わらずトップが主導してチャレンジしている。もちろんスタッフのチャレンジも応援してくれる。だからこそ常に前向きでいられるし、成長にも貪欲になれるんですよね。社外の勉強会にも積極的に参加させてもらえているし。
もちろん、ギャップに感じたこともありますよ。たとえば環境面や設備面に関しては病院のほうが圧倒的に整っています。集中治療室にはいろんなモニターのついた最新の医療機器がありますが、訪問看護で使用できるのは最低限の体温計と血圧計ぐらい。あとは自分たちが五感をフル活用して判断するしかないわけです。場合によっては電話口で応急処置の指示を出さなければいけないときもありますからね。責任重大です。
それに看護のスタイルも病院と介護施設では全く異なります。具体的には病院は病院側のペースに患者さんを巻き込んでいくイメージですが、介護施設では利用者さまを主語にするイメージ。そのあたりの関わり方も最初は戸惑いましたね。
P-BASEの看護師としての未来
今のチーフがすごく頼りになるので、チーフのような看護師になりたいです。今後在宅介護が増えたら、いろんな疾患の利用者さまと接することになるでしょう。
だからこそ、専門職である看護師の役割って大きくなっていくと思っていて。自分の専門性を発揮して、地域の方たち同士で助け合えるようなコミュニティーをつくっていきたいですね。地域のみなさんの心のなかに「愛する人を助けるのは自分だ」という気持ちが芽生えるようになれば嬉しいです。